男子を希望している求人について

イケメン

最近、求人媒体をみても「男性もしくは女性希望」といった性別の記載は殆ど見ることがなく、求人する側が男女のどちらかを希望していたとしても記載できない事による弊害があるように考えられます。募集サイト内に「女性(男性)活躍中」と言った文言が入っているのが目安かと思いますがこれも職場により異なる場合もあるので一概には言えないですが、はっきり言って募集側も応募側もどちらも時間と労力がかかり、無駄になる部分も多いと感じます。この際、性別の指定だけはできるようにしてしまっても良いとも考えられます。力仕事や技術系の求人の場合だと男性が多いのかなと想像がつくものもありますが。
また、採用したのが女性の既婚子供ありの方の場合、子供の病気等を理由に欠勤や早退が多い人も少なくない実情もあります。そのため忙しい職場、管理者的立場などの求人の場合は、最近の働く女性の子育て支援の風潮には逆行しているとは思いますが、男性のほうを優先的に採用する傾向にある職場もけっして少なくはないと感じます。求人する側から見たら、現実として業務を遂行していかなくてはならない事情を抱えている所も多いはずです。女性の社会進出で男性求人の需要は下がっていることも考えられますが、男性の需要もまだ十分あると考えられます。

最新の記事

パーカーを被っている男性

現在の男子の求人の環境

現在の男性求人案内は、総合的に見ると少ないようにおもいます。少し前まで私自身が転職を考え、求人…